療養中の保育士の求人応募

どんな人でも、うつ病などの精神疾患にかかる可能性はあります。

特に重いうつ病の場合には療養に時間がかかり、その時間に比例して社会的地位や金銭面への不安も大きくなっていきます。

保育士も例外ではありません。

子どもと遊ぶ仕事というと簡単そうに見えますが、実際には事務処理や保護者への対応で苦労したり、子どもの対応でヘトヘトになってしまうケースもあります。

うつ病になって一度職場から離れたら、まずは療養をしっかりとるようにしましょう。
うつ病で辞めてしまった場合、大抵は他の職場に転職することが多いです。

その際、早く求人を見つけないとと焦ってしまうケースも多いです。

しかし、勤務に支障をきたす可能性がある場合には、本人にとっても雇用側にとっても良いことはありません。

保育士の仕事は体力が必要です。

子どもの前で疲れた顔をしてしまうのも避けるべきと言われています。前向きに働きたいという気持ちは素晴らしいですが、入職して数ヶ月で辞めてしまっては、雇用側にも自分にとってもマイナスになってしまいます。

再発の可能性が高いのであれば、今は休むべき時と考えてゆっくり休みましょう。
自宅にいれば動けるのであれば、自己啓発のために保育関連の通信教育などで勉強しておくのも良いでしょう。

短期間で転職を繰り返すと、それだけで職歴を汚してしまうことになりかねませんし、自分の体にも負担がかかります。

すぐに保育士として本格的に働く前に、ゆっくり休んで勤務に支障がない状態にしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *