保育士の求人に応募するほとんどは女性

看護師と同じく、保育士と言えば女性というイメージが定着しています。

全体の95%以上は女性であり、男性は数%しかいません。求人に応募する方もほとんどが女性であり、子供好きな方が保育士を目指す傾向があります。

平均年収は300万円前半であり、男性のほうが若干高いですが、不公平を感じるほどの差ではありません。

職場によっては性別に関係なく、同じ給与設定にしているところも多いです。

男性のほうが若干高い理由は、一家の担い手となることが多く、また力仕事を任されることが多いからでしょう。
保育士に男性が少ない理由は、男性の仕事として考えると給料が安いからだと言われています。

運営費を多く確保することが難しく、国や都道府県からの補助金を頼りにしている部分がかなりあります。

それ以外に保育園が受け取る収入源としては保育料があり、この部分が保育士の年収に影響してきます。

いずれにせよ運営費用に余裕がある職場で働いたほうがよいと言えます。

保育士の求人サイトを利用すれば、給料の高い職場を簡単に探せます。
ただし、給料だけに着目せずに、仕事内容も確認しておきましょう。

サイトでは専属のコンサルタントを配置しているので、求人情報には記載されていない内部情報などを聞いていくのもいいです。

離職率の高い職場は、労働環境に問題がある場合が少なくありません。給与は高いのに離職者が多い場合は、職場の雰囲気や人間関係が好ましくない可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *